Search image

簿記3級独学応援っ!社会保険【チョイ難っ!】(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険!源泉所得税もついでに!) 雇用保険などの社会保険の仕訳がメッチャわかるっ!

高評価: 70件

再生: 2,701回

公開日: 2019年10月12日

簿記3級の応用論点『社会保険』です。源泉所得税についてもついでに学習しちゃいましょう!
とくに雇用保険の処理がメンドクサイ!
高得点をとりたい方、簿記3級に確実に合格したい方はゼヒ!

確認ですが、所得税は社会保険ではありませんよ!
(「給料からひかれるもの」というククリでは一緒ですが、ベツモノです)

(マイクのプツプツ音、スミマセン。以後気を付けます。収録しなおしたら講義の質が落ちると思ったのでそのまま使いました。)

【練習問題】
Q1:
×1年5月27日、本日給料日につき、給料(総額30万円)を当座預金から支払った。
なおこの給料に関する源泉所得税は2万円であり、広義の社会保険料総額は6万円である(これを労使折半で負担する)。仕訳は?

A1:
給料300,000 / 所得税預り金 20,000
       社会保険料預り金30,000
当座預金 250,000
労使折半とは、労(労働者)と使(使用者つまり経営者、もっというと会社)とで半額ずつ負担する、という意味です。
本動画ではこの言葉は使いませんでしたが、社会保険の入門書を読めば必ず出てくる言葉ですので覚えておいてください。

Q2:
×2年3月29日、3月の給料日につき給料を当座預金から支払った。なお3月の給与計算期間は2月21日~3月20日で、総額は100万円である。また3月21日~3月31日分の給料総額は30万円である。
なお給料から控除した事項は以下のとおりである;
源泉所得税5万円、健康保険料6万円、厚生年金保険料4万円、労働保険料2万円。
なお3月給料分の社会保険料会社負担額は13万円であり、4月30日に従業員負担額とともに納付予定である。
また当社では、期中仕訳として、各種社会保険料会社負担額については実際に支払ったときに費用処理しており、
労働保険料従業員負担額については納付したときに不足額を「従業員立替金」で処理している(従業員負担額年間24万円、毎月2万円ずつ給料から控除)。
仕訳は?

A2:
給料 1,000,000 / 所得税預り金 50,000
社会保険料 100,000
         従業員立替金 20,000
         当座預金 830,000

Q3:
(Q2の続き)決算につき、必要な決算整理仕訳を行う。仕訳は?

A3:
給料 300,000 / 未払給料 300,000
法定福利費130,000 / 未払法定福利費130,000
(貸方の勘定科目は、試験本番では指定された勘定科目を用いてください。たとえば「未払費用」が指定される可能性もあります)

#簿記3級 #社会保険 #所得税 #労働保険 #雇用保険 #健康保険

説明文の続きを見る

Unnamed【簿記系YouTuber?】ふくしままさゆき

Something【日商簿記3級 ステップアップ講座】基本連続18回のお次に!

  1. 簿記3級独学応援っ!社会保険【チョイ難っ!】(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険!源泉所得税もついでに!) 雇用保険などの社会保険の仕訳がメッチャわかるっ!
  2. 2019年11月(153回)簿記3級へっ!総復習&予想問題【チョイ難レベル10問】
  3. 簿記3級【復習&発展学習】未収収益 未払費用 前払費用 前受収益 「経過勘定の理屈をシッカリ解説!」
Studytube to manavie 350 350

Studytube icon 96ログイン

Interview header 360 Question header 360
Studytuber banner

Studytube icon 96チャンネル登録

教育系のYouTubeチャンネルを運営されている方はチャンネル情報の登録に是非ご協力ください。ログイン後、読み込みボタンをクリックすることでチャンネルデータが自動で読み込まれます。

Studytube icon 96ご意見・ご感想

※お返事が必要な場合はお問い合わせからお願いいたします。