Search image
すべて 小学生 中学生 高校生 大学生

教育系YouTuberとファンの集い

Studytuber banner Studytuber program

開催日時 2019年9月22日(日)

会場 東京都江東区門前仲町1-13-12 1F HYPERMIX 1F COFFECE

Campfire icon目標金額到達!

多くの方々のご協力によりクラファンにて目標金額に到達いたしました。

9月22日無事イベントを開催!

 結論から申しますと、大きなトラブルもなく無事イベントを執り行うことができました。嬉しいことに来場者だけでなくゲストの皆様からも楽しかったというお声を多くいただきました。

 写真とともに当日のプログラムを簡単に振り返っていきたいと思います。

オープニング

Takata1

 まず総合司会はこの方タカタ先生!のっけから最高のテンションで盛り上げて会場の空気を一つにしてくれました!

 タカタ先生に呼び込まれたゲストの方々が順番に登場!さすがいつもYouTubeで大活躍している皆さん、軽快なトークでお客さんも一気に心を掴まれた様子でした。

Yobinori1

「はいどうも〜!」の一幕。こうなったらもう漫才師にしか見えません。(笑)

 ゲスト全員が壇上に上がり乾杯の流れに。乾杯のご発声役は全会一致のご指名により、最もビールが似合う貫太郎先生。

Kantaro1

 しかしなぜか既にグラスはほぼ空っぽになっておりタカタ先生に突っ込まれる貫太郎先生。(笑)

ヨビノリ生収録

 ヨビノリのたくみさん、やすさんが普段の動画作成のフローについて解説してくれました。

Takumi1

 なんとステージ上に、いつも使っているカメラをセッティングした上で、実際に収録する様子をたくみさんが披露!

Yobinori3

 お2人の絡みに会場は大爆笑。最高のコンビネーションを見せていただきました。

サプライズゲスト!葉一さん登場!

 ヨビノリ生収録が終了したタイミングで、たくみさんが「今日は実はお友達を連れて来てるんですよ。」と。会場はゲストも含めて「?」そこに登場したのがサプライズゲスト葉一さん!!

Haichi1

 イケメンすぎる!葉一さんの登場はゲストの皆様も知らされておらずサプライズは大成功!この後たくみさんの無茶振りにより葉一さんもカメラを前にして収録風景を披露してくれることに。

Haichi2

 葉一さんは「ヨビノリたくみという男」と題して葉一さんから見たヨビノリたくみさんの凄さを解説。果たしてどこからどこまでがたくみさんの筋書き通りなのか?(笑)葉一さん、ありがとうございました!

数学YouTuberによる数学クイズ対決!

 数学YouTuberとして大人気のAKITOさん(AKITOの特異点)、古賀さん(Masaki Koga)、タマキさん(タマキの数学)によるガチンコ数学クイズ対決を行いました。

Quiz1

 暗算対決、数学者当てクイズ、難問早解きという3つのジャンルで対決してもらいました。

Quiz2

 ステージ上で皆に注目された中で突然出された問題を解くというのはかなり難しいはずですが、さすがは数学YouTuber、会場が唸るような解法を一瞬で披露していただけることも多々ありました。

Quiz4

 結構な難問もあったので、三人とも苦戦する場面もあり非常に白熱した戦いに!

Quiz3

 優勝したのは、最終問題を一瞬の早業で解いた古賀さんでした!見応えのある戦いを見せてくれたお三方ありがとうございました!
出題用スライドヒントや解説を公開していますのでご興味のある方はご覧になってください。

現場系YouTuberによる教育談義

Genba1

 今現在、教育現場に身を置きながら教育系YouTuberとしても活躍されているタカタ先生(お笑い数学教師♪タカタ先生)、ムンディ先生(Historia Mundi)、モリテツ先生(Morite2 English Channel)、中村先生(やる気先生の「逆転の数学」)の4人が現場系YouTuberとして語り合ってくれました。

Genba2

 それぞれのお立場から、悩み多き教育現場の現状や、動画教育の可能性、そしてとてもここでは書けないようなぶっちゃけ話まで披露してくれました。お客さんの中にも教育現場に勤められている方もおり皆さん真剣に聞き入っておられました。学びあり笑いありの非常に内容の濃いトークショーでした。

質問コーナー

 質問コーナーでは葉一さんも含めゲスト全員がステージに上がり、お客さんからの質問に答えてもらいました。

Question1

 憧れのYouTuberさんに直接質問ができる機会なんてなかなか無いことなので、皆さん積極的に質問されていました。

Question3

 写真からも楽しそうな雰囲気が伝わるかと思います。さすが皆さん、笑いを交えながらも為になるお答えを丁寧にされていました。

Question2

 質問は尽きませんでしたが、時間の都合で打ち切らせてもらいました。お客さんの熱い気持ちがゲストの皆さんにも伝わったと思います。

プレゼントコーナー

 最後のプレゼントコーナーでは、たくみさんの著書「難しい数式はまったくわかりませんが、微分積分を教えてください!」「予備校のノリで学ぶ大学数学」と、ムンディ先生の著書「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」「一度読んだら絶対に忘れない日本界史の教科書」の計4冊をそれぞれお二人からサイン入りで、じゃんけんで勝ち上がった4名様にプレゼントしてくれました。

 というわけで時間いっぱいいっぱい危うく会場代が余計に掛かる寸前まで楽しめました。最後は無理やり外へ追い出すような退場になってしまったかも知れませんが申し訳ありませんでした。
 お客さんには終始良い空気感を出していただけてゲストの方々も壇上で話すのが楽しかったのではないかなと思います。ご参加いただきまして改めてありがとうございました。

お疲れさまでした!

 ゲストの皆様、本当にお疲れさまでした。ここまで素晴らしいイベントになるとは想像以上でした。運営の不手際や準備不足も多々ありましたが、ゲストの皆様のトークや機転によって全てカバーしていただけました。ありがとうございました。

 最後に、本イベントを最初から最後まで全速力で回していただいたタカタ先生には特別な感謝を述べたいと思います。お客さんもゲストの皆様もお感じになられたとは思いますが全てはタカタ先生のマイクパフォーマンスの上で成り立っていました。最高でした!

 そしてもう一つ最後に。そもそもの話に戻りますが、本イベントを開催できるかどうかはクラウドファンディングでの集客に委ねていました。多くの方がスポンサーとして参加料とは別でご支援をしてくださり、なんとかギリギリでクラウドファンディングは成功しました。特に、クラウドファンディング締切直前の数分間で普通では考えられない金額を支援してくださった方が複数名現れたことで、本イベントを決行するに至ったことをご報告しておきます。

 そんな経緯があったにも関わらず、イベント中にスポンサーの方々のお名前を読み上げるお時間を取ることができず、私自身最後に一言ご挨拶をする機会をいただいたにも関わらずスポンサーに対してお礼の一言も言えなかったことは本当に失礼なことをしてしまったと反省いたしております。遅ればせながら改めてお礼を言わせてください。本イベントを実現するために資金を捻出していただいた皆様、ありがとうございました。

ご支援いただきましたスポンサー様

企業スポンサー様

個人スポンサー様

 スタッフとして運営にご協力していただいた川島先生、石戸先生、田辺先生、大森くん、田中さんにも改めて感謝を申し上げたいと思います。おかげさまで大きなトラブルもなくスムーズにプログラムを進行することができました。ありがとうございました。中村先生に至っては登壇していただくにも関わらず受付等の雑務まで担当して下さいました。m(__)m

とにかく楽しいイベントになって良かったです!

 よりパワーアップした皆様とまたいつか一堂に会する機会を設けられるように、スタディチューブも負けずにパワーアップしていきたいと思います!

Studytube to manavie 350 350

Studytube icon 96ログイン

Interview header 360 Question header 360
Studytuber banner

Studytube icon 96チャンネル登録

教育系のYouTubeチャンネルを運営されている方はチャンネル情報の登録に是非ご協力ください。ログイン後、読み込みボタンをクリックすることでチャンネルデータが自動で読み込まれます。

Studytube icon 96ご意見・ご感想

※お返事が必要な場合はお問い合わせからお願いいたします。