Search image

アメリカの入国審査時のNG行為と知っておくべき英単語と英語フレーズ

高評価: 287件

再生: 25,755回

公開日: 2019年6月28日

ルールは基本的にアメリカに限らず全世界の入国審査時で同じです。アメリカは特に厳しいのでアメリカに渡航する際は是非参考にしてください。簡単なルールですが、なぜか知らない人が多い。逆の行為をして質問攻めにあう人もいますから注意してください

▼チャンネル登録よろしくお願いします!
https://www.youtube.com/c/AzumiSawa?sub_confirmation=1

▼動画内で紹介した英語のフレーズ

1. パスポートを提示
質問:May I see your passport?(パスポートを見せてください。)
言われる前にパスポートやビザなどは事前に用意してカウンターですぐに渡しましょう。

2. 次は目的を聞かれます
質問:
What’s the purpose of your visit?(渡航目的は何ですか。)
Are you here for business or pleasure?回答:For sightseeing./ For business.(観光です。/仕事です。)

3. 滞在期間を聞かれたら
質問:How long will you stay in this country?(この国にどれくらい滞在しますか。)
回答:for a week./ For five days.(1週間です。/3日間です。)

4. 滞在先について聞かれたら
質問:Where are you staying?
Where will you stay?
Where are you going to stay?
回答: ホテルの名前を言うか、予約の紙を見せましょう
I’m staying at XXX hotel.

5. 同行者について聞かれる事があります。
質問:Are you traveling by yourself/ with your friends?(一人での/友達との旅行ですか。)
回答:By myself.(一人です)/ With my family.(家族と一緒です)/ With my friends.(友人と一緒です) / With my husband or wife.(夫または妻)

6.不法滞在されたくないので帰りのチケットについて聞かれる事があります。
審査官:Do you have a return ticket?(帰りの航空券はお持ちですか。)
帰りの航空券を提示しましょう。

#ハワイ旅行 #アメリカ入国審査 #入国審査英語 #英会話 #英語 #アメリカ英語 #アメリカ #英語学習 #英会話無料 #英語無料 #英単語 #英語リスニング #オンライン英会話 #英語発音 #英語教材 #留学 #海外旅行

▼今回はアメリカの入国審査の流れと注意点と使える英語のフレーズをご紹介したいと思います。

というのは私は年に何回か日本とハワイを行き来しているんですが、ハワイで必ずとい言ってよいほど、入国審査の時に別室に連れて行かれる日本人を見ます。

まぁ、怪しい日本人も多いですから、別室に連れてって尋問したり、入国拒否するのはアメリカの自由ですから全然問題ないと思うんですが、英語のやり取りで、わけのわからない事を言ってしまって、本来ならばスムーズに入国できたはずなのに、別室に連れて行かれたりする人達もいるんですよ。

もしアメリカとかハワイに行く予定がある人は是非この動画を見ていただいて、どういった点に注意するべきなのか、どのような英語フレーズを覚えておくべきなのかという事をご紹介したいと思います。

説明文の続きを見る

Pickup iconPick upチャンネル

Suicaの仕組みやメントスコーラなど、身近にある不思議な現象について中学生にも分かるように丁寧に解説してくれています。科学ネタに明るくなりたい人は要チェック!

Studytube icon 96ログイン

Interview header 360 Question header 360
Studytuber banner 300

Studytube icon 96チャンネル登録

教育系のYouTubeチャンネルを運営されている方はチャンネル情報の登録に是非ご協力ください。ログイン後、読み込みボタンをクリックすることでチャンネルデータが自動で読み込まれます。

Studytube icon 96ご意見・ご感想

※お返事が必要な場合はお問い合わせからお願いいたします。